気温とともに水温も下がり金魚に影響が出始めたようです。

我が家では金魚を飼っています。その中にはかなりの数の今年生まれた金魚がいるのですが、手塩にかけて育ててきたお陰か死んでしまう個体も少なく、体の弱そうな金魚でも生き残っています。しかしそんな体の弱い金魚にとって水温の低下は応えるようで、消化不良なのか免疫力が落ちてきたのか段々と転覆したり体が歪んでしまう子が増えてきました。そういった子達に共通するのは元々食欲こそあれど体が小さくて成長が遅いという事です。恐らく消化能力が低かったり、成長する為のホルモンなどが出にくかったりするのだと思います。そして平和な我が家ではそれが致死的な事にはならず、今まで生き延びて来られたのが、初めて経験する季節による水温の低下に徐々に耐えられなくなって来ているのでは、と推測しています。それにしてもバタバタ死ぬ事もなく、1日1匹より少ないペースなのですが。しかし大自然の中、野生で生きるのに比べて恵まれた環境とはいえ、温室育ちにも限度があるんだなという事を実感させられます。

庭の狭い畑にジャガイモを植え付けをしましたが種芋などの販売方法の検討をして頂ければと思います

わが家の庭の狭い畑にジャガイモの植え付けをしました。
今年は男爵とメークインを各2つほど半分に切って植え付けをしたので、計8個となります。
毎年16個ぐらいは植えていますので、今年は何時もの半分ということになります。
というのが、今年は畑の半分にトマトを植え付ける予定にしているからです。
時期はもう少し先になりますが、夏野菜として私の大好きなものだからです。
ところで、ジャガイモの種芋はホームセンターで売っているものを買うのですが、通常売っている種芋は10個位が袋に入れて売られています。
しかしわが家の狭い家庭菜園で栽培するには、1袋で買うと数が多くて植えきれないので買うのに躊躇してしまいます。
さいわい今年はいつも買っているホームセンターで、種芋をバラ売りされていました。
これさいわいとばかり男爵2個メークイン2個をそれぞれ1個40円で買うことができました。
今後もこのようにバラ売りして貰えればいいのだがと願っています。
また、これはサツマイモの蔓にも同様なことがいえます。
通常ホームセンターでは10本をひとまとめで売っていますが、やはり家庭菜園での植え付けでは10本というのは、少し多すぎるような気がします。
これも1本づつバラで売ってもらえればなどと、自分勝手な願いをしてしまいます。
たしかにひとまとめの価格については、決して高価なものではありません。
しかし余って植え付けが出来なくなる無駄を省く上からも、ぜひホームセンターさんには販売方法の検討をして頂きたいものと思っています。女 ひげ 脱毛