資源の流れの定義について受講をしていました

軍資金の出来事について授業しました。資金には、2つの流れがあります。ひとつは稼ぎ・バックアップの給与としての流れです。この場合、通貨が稼ぎ・バックアップのチェンジのなかだちをしています。もう1つは、暮らしから仕事場や政府への貸借としての流れです。この場合、暮らしは報酬から支出した剰余を蓄財しますが、その蓄財は最終的に軍資金を必要とする仕事場や政府に流れます。また、政府は出費(歳出)がサラリー(歳入)を越える際、公債を発行して暮らしの蓄財を借り上げるそうです。流通している貨幣のことを通貨と効く、一般法人、私立、地方自治体などが保有する経由ボリュームの残金を富積み重ねといいます。今日では、通貨は大きく費用通貨と預金通貨に分けられます。日本の費用通貨は、日本銀行が発行する日本銀行券(紙幣)と、政府が発行する硬貨とに分かれます。預金通貨は、日常預金や小切手によって時折呼び起こすことのできる当座預金などで、費用通貨にほど近い傾向を携えます。軍資金について今までめったに知らなかったので、細かく勉強したいと思います。ミュゼ 360円紹介